育児ストレス解消法ナビ

赤ちゃんの夜泣きストレス

子育ての中で特に大変なことと言えば、赤ちゃんが夜泣きしてしまうことではないでしょうか?

 

まれに夜泣きをしないという赤ちゃんもいるみたいですが、大部分の赤ちゃんは多少は夜泣きをするものです。

 

特別夜泣きのすごい赤ちゃんだったなら、お母さんも睡眠を取ることが出来ないのでかなりの育児ストレスとなってしまうみたいです。

 

しかし、赤ちゃんの夜泣きというものは一生続くものではないのです。

 

長い人生の内の僅か一時だけのことですので、気持ちを切り替えるようにしましょう。

 

夜中に赤ちゃんの夜泣きが原因で眠ることができないのでしたら、赤ちゃんと一緒にお昼寝をするようにしましょう。

 

赤ちゃんと同じリズムで生活をするのです。

 

そのようにすれば、夜泣きについてそれほどストレスが溜まってしまうということもなくなるのではないでしょうか?

 

家事も少しぐらいなら手抜きても大丈夫ですよ。

 

そういうところは夫にも協力してもらって、とりあえずは夜泣きストレスから解放されるということが大事です。

 

赤ちゃんの夜泣きによって夜中に何回か起こされるぐらいで、お母さんの健康に影響が出るということはありません。

 

夜泣きで疲れてしまうというのは体力的なことではなく、メンタル面のストレスであるといわれています。

 

赤ちゃんが寝てくれないということで、精神的なストレスを感じてしまうわけです。

 

夜に眠なければいけないということから離れて、赤ちゃんと一緒に起きているというのも一つの方法です。

 

そして赤ちゃんが寝ってしまったら、お母さんも一緒に安心して休むようにしてみましょう。

 

メンタル的なストレスを溜めこまないように、赤ちゃんの生活リズムで育児をするようにしてみて下さい。

赤ちゃんの夜泣きストレス関連エントリー


育児ストレスと上手に向き合う方法をご紹介

Copyright (C) 2010 育児ストレス解消法ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

赤ちゃんの夜泣きストレス