育児ストレス解消法ナビ

育児ストレスと虐待

育児ストレスというものはひとりひとり感じ方が違っていて、育児ストレスが深刻化してしまうと虐待やノイローゼなどをしてしまうという方もいらっしゃるみたいです。

 

しかしこれはすごく少ないケースであって、大半の方は育児ストレスを解消し、うまく子育てをしています。

 

一握りとは言っても、児童虐待は増えてきていて社会問題にもなっています。

 

ならば、なぜ虐待というようなことが発生してしまうのでしょうか?

 

どんな人だって悩む育児ストレスですが、このような育児ストレスを要領よく発散できずに育児のイライラを一人で負ってしまわないと言うことを注意しておかなければいけません。

 

虐待というのは全然他人事ではなてく、貴方もしてしまうかもしれないことでもあるのです。

 

ちょっとした育児ストレスでだったとしても、絶対に自分だけで悩み込まないで誰かに相談に乗ってもらうようにしましょう。

 

外に発信した育児を行うことで、育児ストレスが溜まらなくなります。

 

一人で閉じこもって育児をしていると、精神的にも追い詰められ、子供の声にも過敏に反応してしまうようになってしまいます。

 

虐待というものは、別に殴ったり叩いたりすることだけ言うのではありません。

 

暴言を吐いたりというようなことも、精神的な虐待に含まれるのです。

 

当然育児放棄なども虐待に含まれるので、頭に入れておくようにしましょう。

 

育児ストレスというのは、誰か身近な人に相談するということがもっとも大事です。

 

逆に育児ストレスで悩んでいそうな人を見かけたら、思い切って声をかけてあげるようにしてあげて下さい。

 

子供というものはみんなで育てていくのが理想ですから、みんなで見守っていくようにしましょう。

育児ストレスと虐待関連エントリー


育児ストレスと上手に向き合う方法をご紹介

Copyright (C) 2010 育児ストレス解消法ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

育児ストレスと虐待