育児ストレス解消法ナビ

ワーキングマザーの育児ストレス

子供を出産しても、社会に出て生き生きと仕事がしたいと思う女性は多くなってきているようです。

 

そのようなワーキングマザーが育児をして行くためには、様々なストレスとの戦いを覚悟しなければいけません。

 

ワーキングマザーが抱える最も大きいストレスは、家事・育児と仕事との両立についてではないでしょうか?

 

ワーキングマザーには、夫からの育児や家事の協力がなくてはうまくできません。

 

予めきちんと役割を決めて、負担を少なくしてもらうようにしましょう。

 

それ以外にも、ワーキングマザーを手助けするいろいろなサポートがあります。

 

子供が病気になった時には病児保育を利用したり、ベビーシッターあるいはファミリーサポートなど活用できるものはなんでも活用するようにしましょう。

 

それとあと一つワーキングマザーが不安なく働くためには、職場による理解も必要でしょう。

 

中でも男性の多い職場などでは、理解されにくいかもしれません。

 

はじめにきちっと現在の状態を報告して、急にお休みを頂くようなこともあるということも分かってもらうようにしましょう。

 

職場における不安がなくなるということだけで、ストレスも少なくなるのではないでしょうか?

 

専業主婦でさえ育児ストレスは溜め込んでしまうものなので、それに仕事が加わったと考えるとストレスはかなりなものになるのかもしれませんね。

 

夫の協力、保育機関の活用、職場の理解、このような気掛かりが解決すればストレスも減少して安心して仕事をすることができるというものです。

 

ワーキングマザーによる育児ストレスは、周囲の理解しだいでなくすことができるということかもしれません。

ワーキングマザーの育児ストレス関連エントリー


育児ストレスと上手に向き合う方法をご紹介

Copyright (C) 2010 育児ストレス解消法ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ワーキングマザーの育児ストレス